美しいキモノ秋号
きものサロン

和装小物よりどりセール

下書き

連山文九寸名古屋帯 伊那紬

際立つ個性と伝統工芸品の風格。
連山文  伊那紬 手織り絣織物
草木染 真綿 手織り 九寸名古屋帯

一目で惹きつけられる際立つ個性から目が離せません。連なる山々を連想させるデザイン 色とりどりの絣糸で織り出されたその名も「連山文」長野県伊那谷で織り継がれる手織物が放つ存在感は他産地の織物を圧倒します。伊那紬を継承させる唯一の織元 久保田織染工業さんのあくなき挑戦から生み出された逸品を是非ご覧ください。

※本品は着尺で同柄品を取り扱っておりますが 個性的なお柄ですので帯として別注させて頂きました。着物としては少し抵抗感がある方も帯であればお召しいただきやすいのではないでしょうか。

伊那紬 九寸名古屋帯

伊那紬 九寸名古屋帯


【産地】長野県
【製造元】久保田織染工業
【品質】絹100% 
【着用時期】9月頃から翌年6月頃(袷・単衣の季節)
【長さ】約510cm

伊那紬 九寸名古屋帯

伊那紬 九寸名古屋帯

伊那紬 九寸名古屋帯


真綿の温もり・手織りの優しさ
本品は真綿紬・玉糸・生糸を使用して織り上げられています。蚕を真綿状にして引かれ、糸にされた真綿糸のふっくらとした風合いの布に触れた時の温もりは格別です。布の声に耳を傾け機嫌を伺いながら”トントン トントン”と時に優しく時に力強く織り進められる機織りの音が心地よく、織子さんの魂が宿るかのようです。そうして織上がった織物は絹糸に必要以上の力が加わらない為、硬さを感じず”しなやかさ”が生まれます。しかし手織りによって均質な織物に仕上げるには熟練の技を必要とするのは言うまでもなく、未熟な技術ではキメが不揃いになってしまいますので着心地の悪いものになってしまうのです。


伊那紬 九寸名古屋帯

伊那紬 九寸名古屋帯



絣の味わい 草木染の深み
連なる山々を表現したデザインは絣の技術で表現されています。本品は経糸に絣糸を用いて柄を織り出しています。緻密に計算されて糸を染め分けその染め分けられた糸を組み合わせて柄を出すのが「絣(かすり)」と呼ばれる技術です。柄の境目が掠れたように見えそれを「絣足」と呼ぶのですが、その掠れが独特の素朴な趣と経に表れる絣足がスッとしたスマートさを感じさせてくれます。
そして草木染と化学染料を組み合わせた色合いからは自然な柔らかで優しい雰囲気が漂います。※経糸は化学染料で染められ、緯糸の紫(ラックダイ)と黄色(槐※エンジュ)の暈し部分が草木染で染められた糸を織り込んでいます。こうしたきつく感じるような色目とデザインでも草木染の糸を併用することで何とも言えないファジーな柔らかさが生まれるのです。これが化学染料で染められた糸のみであれば、無機質な冷たさだけが感じられるのではないでしょうか。草木染の口では説明しようのない深みや味といった曖昧さという魅力がそこに存在するのですね。

伊那紬 九寸名古屋帯


信州 伊那紬
江戸時代の頃より「蚕の国、絹の国」として知られる信州 長野県においても古くから養蚕が盛んで長い歴史を誇る「伊那紬」長野県南部に位置し、東西を南アルプス、中央アルプスに囲まれ、天竜川の水流に恵まれた土地では蚕を育て上質な絹を京都などに出荷していました。
そして食い破られた繭など生糸にならないものを自家用として農家の女性達が機を織り始めたのが織物の起源だと言われています。

伊那紬唯一の織元・・久保田織染工業
元来、信州紬は自家用に織り始められたものですので絣の技術は必要ではなく、他の信州紬「飯田紬」「上田紬」「松本紬」を見ても、無地や縞格子の織物しかありません。 しかし伊那紬だけは絣織物や花織が近年製造されるようになりました。 伊那紬の織元は昭和50年頃まで120軒ほど存在していましたが、今では「久保田織染工業」さん1社だけになり、現在も糸作りから染め、機織りまで一貫して製造しその伝統を守り続けています。伝統の技術を継承しながらも絣の技術を取り入れることで、他の産地とは一線を画したデザイン性豊かな物作りに励まれています。そして、長野県百年企業「信州の老舗」にも選ばれています。駒ケ根の自然の中で生まれる至極の一点を是非お手元にお迎えください。

※お太鼓イメージ
伊那紬 九寸名古屋帯
伊那紬 九寸名古屋帯

伊那紬 九寸名古屋帯

着物コーディネート

着物コーディネート

着物コーディネート

着物コーディネート

着物コーディネート

※写真と実物ではモニター環境などにより若干色が違って見える場合がございます。

===============================================

【お仕立てについて・・】

お仕立てをご希望の場合はオプションにて各項目からお選びください。
国内仕立て お仕立て期間:約20日

※ご注文完了後に発送予定日をメールにてご連絡させていただきます。

・お仕立て方法:
【九寸名古屋帯】
1「名古屋帯仕立て」5,400円
手先からお太鼓までを半分に折って芯を入れて仕立てる
※最も一般的なお仕立て方法です。

2「開き仕立て(裏地無し)」9,720円
手先を半分に折らずに全て平ら(袋帯の形)にして芯を入れて仕立て、手先から胴巻きの部分に裏地をつけない

3「開き仕立て(裏地付き)」12,420円
2の開き仕立てで裏地(モス)をつける仕立て
※裏地の色はお任せになります。

・雨やお食事時にも安心のガード加工:3,240円

※国内手縫い仕立てです。

★ ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せ下さい 。
九寸仕立て方法

新規会員登録500P進呈

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入でランクアップ!


 新規会員登録

店主のつぶやき 業界裏話6/25(火)更新「連続空振り後の連続ヒット」

スポットガーデン店主

店主 筑摩和之(ちくま かずゆき)です。
「誠実」「安心」「信頼」をモットーに、自らが厳選した着物や帯、和装小物を安心価格でご提案しております。
☆呉服業界裏話などつづっていますので上手なお店や商品選びの参考にしていただければ幸いです。
店長日記はこちら >>

夏のバーゲン


和装小物20%割引クーポン

夏の帯締め帯揚げバーゲン

実店舗営業カレンダー
  • 今日
  • 休業日
  • 営業時間変更有

基本休業日:毎日曜日

基本営業時間:13:00-1900
お問合せは365日24時間メールで受け付けております。
※予定は変更の場合がございます。
※事前にご連絡いただきましたら営業時間外や定休日(日曜日)でも対応させて頂きます。早朝・深夜でもOK

カード
楽天ID決済
Yahoo!ウォレット アクセプタンス
マーク
あんしんクレジットカード決済システム



facebookページ
スポットガーデンインスタグラム

友だち追加

地図 アクセス

QR

ページトップへ