美しいキモノ秋号
きものサロン

和装小物よりどりセール

下書き

麻八寸名古屋帯

自然からの恵みを人の手が未来へと紡ぐ
縄文の頃より伝わる藤の蔓を用いた原始の布
入手困難なレアアイテムです。

藤布

藤布

【産地】京都市与謝郡与謝町
【品質】手績み 藤の蔓:100%
【製造元】芙留庵 小西暢子 京もの認定工芸士
【長さ】約510cm
【着用時期】夏単衣を中心に真冬を除くスリーシーズン

縄文の頃より伝わるとも言われる原始の布「藤布(ふじふ・ふじぬの)」
万葉集に「大君の塩焼く海人の藤衣 なればすれどもいやめづらしも」とも歌われ庶民の日常着としてまた日常品として全国各地で織継がれていました。
ざっくりとした繊維は初めは硬く 布が馴染んでくるまでに時間がかかる事を比喩表現として「藤衣(ふじころも)」という単語が用いられていたようです。
通気性がよく夏の織物として適しているこの藤布 江戸時代に木綿の普及により一気に衰退し一時はこの世から消え去ったのではないかと言われていたのですが、丹後の世屋地区などで女性たちの手によって細々と生産されているのが分かりました。そして京都府無形民俗文化財の指定を受け 技を伝承する女性らから技術を継承する「丹後藤布振興会」が発足しました。また「京もの指定工芸品」にもなっています。本品の製作者である小西暢子さんの父親も上世屋のお年寄りからこの技術を継承されたという事です。小西さんは子供のころから作業を手伝われていましたが、父親の病気やご自身の子育てが一段落したことなどで藤織りの技術を後世に伝えていこうと思われたのです。

藤布

藤布

藤布


なんとも素朴で自然の香りが漂う原始の布
人はなぜ自然布に魅かれるのでしょうか。煌びやかでもなく 高機能なハイテクなものでもない 何の変哲もない植物繊維の布であるにも関わらずに。太古より何千年もの間 自然と共存しながら自然の恵みによって生かされてきたその記憶が擦り込まれているからなのでしょうか。その事を前提としてその上にこの自然布が人の手によって作られているというバックグラウンドがエッセンスとなり手にした時の感動が更に増すのでしょう。

藤布


その製造工程も原始そのものと言っていいでしょう。
5月の初旬に綺麗な花を咲かせる藤の蔓(ツル)を山に入って採取します。持ち帰った蔓を木槌で叩き皮を剥ぎ 皮の内側の中皮の部分のみ削り取り 水に浸けて柔らかくし木灰汁で約4時間炊きます。それを 川の水に晒して不純物を洗い流した後に専用の竹の道具でしごきます。繊維を乾かしたら専用の道具でまたしごき そして適した太さに手で裂いていきます。
それからがまた気が遠くなるような藤績み(ふじうみ)の作業が待っています。藤の繊維は当然のごとく短いですからそれらを結び目が出来ないように一本一本撚って繋いでいくのです。これが手績み(てうみ)という作業です。※芭蕉布は芭蕉を 越後上布・宮古上布は麻を手績みによって糸が作られます。
そして出来上がった藤の糸を順調に織り進めても3日ほどかけて手織りで製織するのです。
なんという原始的かつ地道な仕事なのでしょうか。
ごく一部の後継ぎを除き 若い人たちが好んでこの世界に入ってくるはずもありません。特に藤を山に取りに行く仕事や糸作りの職人さんの高齢化により生産量はほんの僅かなのです。ゆえに呉服問屋さん自体が入荷の順番待ちの状態で入荷しても直ぐに小売屋に流れていきます。
今回 本当に偶然目にしたため何のためらいもなく仕入れてきた次第です。

藤布

藤布

藤布

藤布

藤布

現在 京丹後市 ・与謝町のみで細々としかし確かに伝承される原始の布「藤布」華やかな藤の花とは対照的な質素で素朴な手織物 天然の生成りのままのシンプルな色の中に微妙に異なる様々な自然色が奏で合う美しさ。夏の装いを涼やかで心地よい雰囲気に仕上げてくれます。また夏向きの素材ですが単衣の季節はもちろん 真冬を除くスリーシーズンお使いいただいても差し支えございません。全国の紬の着物や上布木綿など上質感漂うコーディネートをお楽しみ下さい。シンプルな生成りの無地でコーディネート自在。
使えば使うほどに馴染んでくる 滅多に手に入れることの出来ない激レアなアイテムです。


藤布

藤布

コーディネートの着物

藤布 夏塩沢着物コーディネート




※モニター環境や画像処理の関係上 実物の色目と若干異なって見える場合がございますのでご理解の上お求めください。
※価格にお仕立て代は含まれておりません。
※お仕立てをご依頼の場合には、本ページ内に設置のオプションからそれぞれの項目をお選びください。
==============================

【お仕立てについて】

【八寸名古屋帯】
1「松葉仕立て」
1,620円
手先から約38cm(1尺)半分に折ってかがります。
※最も一般的なお仕立て方法です。
※手先が半分になっているので締めやすくなっています。

2「平仕立て」
1,620円
手先を半分に折らずに全て平らのまま仕立てます。
※胴巻部分の帯巾を調節したい方におすすめです。

【ガード加工】※水をはじく加工です。
3,240円


※帯は国内ミシン仕立てです。
※手縫いをご希望の場合には別途3,240円かかります。(オプションより選択)
※お仕立て期間 約20日


新規会員登録500P進呈

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入でランクアップ!


 新規会員登録

店主のつぶやき 業界裏話6/25(火)更新「連続空振り後の連続ヒット」

スポットガーデン店主

店主 筑摩和之(ちくま かずゆき)です。
「誠実」「安心」「信頼」をモットーに、自らが厳選した着物や帯、和装小物を安心価格でご提案しております。
☆呉服業界裏話などつづっていますので上手なお店や商品選びの参考にしていただければ幸いです。
店長日記はこちら >>

夏のバーゲン


和装小物20%割引クーポン

夏の帯締め帯揚げバーゲン

実店舗営業カレンダー
  • 今日
  • 休業日
  • 営業時間変更有

基本休業日:毎日曜日

基本営業時間:13:00-1900
お問合せは365日24時間メールで受け付けております。
※予定は変更の場合がございます。
※事前にご連絡いただきましたら営業時間外や定休日(日曜日)でも対応させて頂きます。早朝・深夜でもOK

カード
楽天ID決済
Yahoo!ウォレット アクセプタンス
マーク
あんしんクレジットカード決済システム



facebookページ
スポットガーデンインスタグラム

友だち追加

地図 アクセス

QR

ページトップへ