牛首紬
添田敏子
和装小物よりどりセール

下書き

久米島 予告



久米島紬 ユウナ 藍



 日本における絣織物の起源・・久米島紬
現代感覚の洗練された色とデザイン
ユウナ×藍のコラボレーション
手括りによる伝統的な絣文様
手織りと"きぬた打ち"から生まれるふっくらとした手触り
琉球王朝の時代から織継がれる布に宿る
古来より変わらぬ【普遍の美】
それこそが 国の重要無形文化財指定技術
「本場久米島紬」の魅力なのです。


久米島紬 ユウナ 藍

久米島紬 ユウナ 藍



【産地】沖縄県久米島
【製造者】玉城英子
【品質】絹100% 真綿使用
【染色】草木染(ユウナ 藍)
【製織方法】高機織 手織り
【絣作り】手括り
【着用時期】9月から翌年6月頃(袷 単衣の季節
【生地幅】約38cm(裄丈70cm 1尺8寸5分まで対応)


軽やかに そしてほっこりとした心地良さが身を包み込みます。沖縄県 久米島から届けられた草木染 手織りの絣織物「久米島紬」
ユウナのライトグレーに藍を掛け合わせ 洗練されたお洒落さを放つブルーグレーの自然色に染め上がっています。ユウナと藍の天然染料を混ぜ合わせて絹糸を染めた後、その無地に染まった糸を手括りによって防染し、藍染によって柄となる絣を藍色に重ね染されています。そしてヒチサギ―と呼ばれる絣模様(※縦方向に2本の線が少しズラされた柄)は大き過ぎず小さすぎず そして絶妙の感覚で配されており スキッと粋な美しい着姿を生み出します。
洗練されたこの色柄は都会の街中に溶け込みながらも 優しさや自然の温もりを漂わせるのは職人技から繰り出された手仕事ゆえなのです。
また手織りによって製織されたしなやかな風合いは体に沿い 抜群の着心地を実感して頂けるに違いありません。



久米島紬 ユウナ 藍

久米島紬 ユウナ 藍

2本の線を少しズラして並べられた「ヒサチギー」と呼ばれる絣文様。
藍染によって染められています。

久米島紬 ユウナ 藍



本場琉球 久米島紬(くめじまつむぎ)
沖縄本島那覇市から西へ約100キロの東シナ海に位置する久米島。 琉球王朝の時代 沖縄列島の中で最も美しいと言われ【琉美の島】と呼ばれていました。その琉美の島で伝承される紬織物「久米島紬」一人の職人が図案・糸染め・機織り・仕上げに至るまで手がけることによって完成する織物です。
大島紬や結城紬などにおいてはそれらの工程を分業によって行われています。しかし全ての工程を一人で行うことで職人の感性や思いという形のない趣きが1反の完成した絹布により一層宿るのです。
それは決して作家物のように独創的で斬新なものではありません。ただ昔ながらの工法を守り伝統の絣文様を表現する。しかしこれこそが普遍の美しさといっていいのではないでしょうか。古から変わらぬ安らぎは、遠く琉球王朝の時代に思いをはせ当時の情景や人の生活を感じながら現代への歴史の流れを受け止めてくれているかのようです。
そしてその普遍的な中にあっても現代の風景に溶け込むナチュラルさも持ち合わせているのがユウナ×藍染の色なのです。



久米島

久米島紬 ユウナ 藍

久米島紬 ユウナ 藍



ユウナ染 × 藍染のコラボレーション
秋篠宮家 佳子内親王の御印としても有名なオオハマボウ(大浜朴)を沖縄や奄美地方ではユウナ(右納)と呼びます。黄色やオレンジの花を咲かせるアオイ科の常緑高木であるユウナの木を焼いて炭にし、更に粉末状にして水に溶かし豆汁を入れて目の細かな布でろ過し染料にします。その染料で染めると銀鼠の灰色になります。これが一般的な久米島のユウナ染めなのですが本品はユウナの染料と藍の染料とを混ぜ合わせて糸を染められています。銀鼠と藍色がコラボレーションすることでブルーグレーの非常に洗練されたお洒落さと深みのある地色に仕上がっているのです。ユウナ染の久米島紬はよく見かけますが、藍と混ぜ合わせたブルーグレーのものは珍しく滅多に目にすることはありません。

そして天然の色に染め上がった彩りには、目に見える色の奥に宿る幾色もの見えざる色が存在し、それを上手く説明する術がないため人は”深みや味わい”といった曖昧な言葉で表現するのです。化学染料のように絶対的なものではない不確かな揺らぎを感じさせる草木染だからこそ 心に響くのかもしれません。



久米島紬 ユウナ 藍


ユウナと藍を混ぜ合わせてブルーグレーの地色を染めます。その後 柄となる部分以外(地の部分)を木綿糸でしっかりと縛り防染します。そして藍の染料に浸け込み柄部分を藍色に染めています。


久米島紬 ユウナ 藍



絣の趣き
絣(かすり)は絹糸の一部が染まらないよう染め抜く部分を綿糸を手括りによって縛り染め分けされています。
※絣とは1本の糸を染め分けする事を言い、その絣糸を組み合わせて柄を織り出す技法も同義に絣と呼びます。
本品は先にも述べましたがユウナと藍を混合した染料で糸を一度 ライトブルーグレーの無地に染めた後に、手括りで防染し更に藍染によってヒチサギ―(引き下げるの意味)と呼ばれる柄を濃藍色に染め上げれれています。通常は柄となる部分を縛り防染し白く染め抜きますが、こちらは藍色の柄以外の部分を広範囲にわたって手括りする為、非常に手間暇が掛かるのです。
2本の線を僅かにズラし縦方向に配列されたヒチサギ―の絣模様は控えめながらも非常にお洒落な表情を醸し出すとともに背の高い方や小柄な方から ふくよかな方 細身の方までどんな体形にも合い綺麗な着姿に仕上げてくれます。


3玉式絣
生地幅に3つの絣群が配されていることを3玉と言います。
※4つなら4玉 5つなら5玉と数えます。



久米島紬 ユウナ 藍



真綿の温もりと手織りの優しさ
緯糸に織り込まれた真綿糸の素朴な温もりと大小の節。紬が持つ味わい深さを感じさせてくれるとともに、紬でありながらも絹が持つ しっぽりと艶やかな光沢がカジュアルさの中にも高級感のあるエレガントな佇まいを演出してくれます。


沖縄の織物は全て人の手で製織される手織物です。
トントン トントンと工房に響き渡る打ち込みの音を聞きながら布の機嫌を伺い、緯糸の打ち込み加減を調節し数回に分けて1本の緯糸を打ち込みながら織り進められる手織物は、糸をいたわり硬さを感じないしなやかな風合いに仕上がります。緯糸を一度に”ガシャン”と打ち込む機械織りはどうしても必要以上に強い力が糸にかかり硬さが残ってしまうんですね。
しかし未熟な技術で手織りされたものは頼りなく不均質な生地になってしまいますので織子さんの繊細かつ熟練の技術が必要とされるのは言うまでもありません。


命を吹き込む「きぬた打ち」
久米島紬の仕上げに「きぬた打ち」という工程があります。手織りで織り上げられた生地を洗い余分な糊を落とし、八分乾きの状態で屏風たたみして綿の布にくるみます。そして硬い石や木の上に置き4~5kgはある杵を用いて二人がかりで叩きます。生地が破れないように細心の注意を払いながら20分~30分(400回~500回)ほど叩き更に生地を乾燥させて叩きます。この仕上げだけでも1日仕事になるのですが、ひと手間加える事で生地に光沢が生まれると同時に ふっくらとした優しい風合いに仕上がり着心地の良さに繋がるのです。


久米島紬の歴史
中国や東南アジアとの交易が盛んであった頃、14世紀後半に「堂の比屋」という人物が中国に渡り養蚕の技術を持ち帰ったのがその起こりと言われています。
※堂の比屋・・堂→地名 比屋→そのムラを拓いた家の主人
その後、なかなか養蚕の技術が発達しなかったのですが、1619年 越前(現福井県)より坂元普基を呼び寄せ養蚕の技術や真綿の製法を伝授しました。その後、薩摩から友寄景友が来島し糸染めと織の技術を伝えたことで飛躍的に発展していったそうです。
また、東南アジアとの交易の中で絣の技術が伝わり久米島で独自の発展をしそれが沖縄本土から奄美大島、そして日本本土へと伝播したと考えられています。鹿児島から陸路を渡る経路と日本海を渡って新潟県に伝わりそこから山形の置賜地方や茨城県の結城地方などに伝播したともいわれています。その事から、久米島紬(琉球絣)は日本の絣の起源だとされているのです。
17世紀頃になると、薩摩藩に侵攻された琉球国は、租税として織物の貢納が義務づけられました。そして御絵図帳という絣の柄見本も作られ本土からの注文もあり高度な技術が発展していきました。しかしそれは厳しい貢納制度であり苦悩の時代だったのです。明治36年に織物税が廃止されようやく生活の糧となる産業として独立することができました。
その後、第二次世界大戦という哀しい歴史を経てこの世から消え去りそうになりながらも伝承され続け、2004年(平成16年)国の重要無形文化財に指定されました。


本品はキモノ雑誌にてモデル着用をされた為、仕立てたように見えるモデル仕立状態です。※下のトルソー着装写真は実際に本仕立てされたものではございませんのでお客様のサイズでお仕立てさせて頂きます。



久米島紬 ユウナ 藍

久米島紬 ユウナ 藍

久米島紬 ユウナ 藍

久米島紬 ユウナ 藍


仕立てたように見せているだけのモデル仕立てですのでこのままの状態では着用できません。
お客様のサイズに合わせて本仕立てさせて頂きます。


久米島紬 ユウナ 藍

久米島紬 ユウナ 藍

久米島紬 ユウナ 藍

久米島紬 ユウナ 藍



琉球王朝の時代より伝承される伝統織物「久米島紬」国の重要無形文化財にも指定されているこの絹布が放つ美しい光沢と絣の素朴な味わい。ユウナと藍をコラボレーションさせて染め上げられたカラーリングにさり気ないお洒落さを漂わせる絣模様は、カジュアルさの中にも工芸品としての風格を漂わせます。
滅多に出会うことの出来ないお色目の久米島紬でございます。また、様々な色柄の帯とも自在にコーディネートしていただけますので、お目に留まりましたら是非お手元にお迎え下さい。




久米島紬 コーディネート



久米島紬 コーディネート


久米島紬 コーディネート


久米島紬 コーディネート


久米島紬 コーディネート



※価格にはお仕立て代は含まれておりません。(お仕立ては本ページ内のオプションより商品と同時にご注文下さい)

========================

八掛地は両駒(紬用)のボカシタイプをおススメします。
※無地の場合は本品が薄色の為、八掛地と胴裏地の境目が表に響きますので予めご了承ください。
※色を優先される場合は縮緬向きのパレス八掛地からお選びください。

おススメの八掛地
※地色と絣の色に近い青味のグレー 
※上品で自然な印象に仕上がります。



★八掛地の色をお任せでご依頼される場合は「八掛色NO」記入欄に『赤系お任せ』などとご記入下さい。こちらで色を選定後、メールにて最終確認させて頂きます。

※色はご注文完了後にゆっくりお考えいただいても構いません。(八掛NO記入欄に「注文後決定」と記入して下さい。)
【八掛地は下の画像をクリックしてお選びください】
八掛色見本

お仕立てに関してはこちらをご参照ください。
↓↓↓
こちら>>


新規会員登録500P進呈

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入でランクアップ!


 新規会員登録

店主のつぶやき 業界裏話 【季節の帯選びで最近思うこと】

スポットガーデン店主

店主 筑摩和之(ちくま かずゆき)です。
「誠実」「安心」「信頼」をモットーに、自らが厳選した着物や帯、和装小物を安心価格でご提案しております。
☆呉服業界裏話などつづっていますので上手なお店や商品選びの参考にしていただければ幸いです。
店長日記はこちら >>

商品カテゴリ

品種から探す

着物・帯をテーマから探す

特別企画

オリジナルグッズ

格安SALE


要チェック↓

サイレントセール

アウトレット

※残り2点
菊之好

簪(髪飾り)日本製
製造原価割れ激安
1,500円均一

睿

実店舗営業カレンダー
  • 今日
  • 休業日
  • 営業時間変更有

基本休業日:毎日曜日

基本営業時間:13:00-1900
11/4(月)17時頃から営業
お問合せは365日24時間メールで受け付けております。
※予定は変更の場合がございます。
※事前にご連絡いただきましたら営業時間外や定休日(日曜日)でも対応させて頂きます。早朝・深夜でもOK

お支払い方法他

カード
楽天ID決済
Yahoo!ウォレット アクセプタンス
マーク
あんしんクレジットカード決済システム

facebookページ
スポットガーデンインスタグラム

友だち追加

地図 アクセス

QR

ページトップへ