和装小物2点5%off秋

シークレット販売商品

宮古上布シークレット販売



夏織物の最高峰【宮古上布(みやこじょうふ)】
国の重要無形文化財指定技術
その根底にある宮古島の歴史と人々の想い
さざ波のような藍染ブルー
手績み苧麻 手織り絣 九寸名古屋帯
5/11(月)14時迄の期間限定販売


本品は表立って価格を表示する事が出来ない為「シークレット設定」にてご紹介しております。

宮古上布

宮古上布




【産地】沖縄県 宮古島
【製造者】島袋 朝子
【品質】手績み苧麻100%(てうみのちょま)
【染色】琉球藍・インド藍
【着用推奨時期】7月~8月 盛夏
【長さ:織上がり】約500cm



宮古上布

宮古上布



【宮古上布】
気の遠くなる程の手間暇がかかった手績みの苧麻糸(てうみのちょま)を藍で染め、手織りの技で織り上げられた夏織物の最高峰 国の重要無形文化財指定「宮古上布」
※手績み(てうみ)・・特殊な技法で繊維を手作業により繋ぎ糸にすること。
 琉球染織らしい伝統的な絣模様から左右に伸びる絣足が民芸味溢れる趣きを漂わせ、海のさざ波を思わせる藍染の天然ブルーは爽やかかつ深みのある味わいを放ちます。この涼布に触れた時のひんやりとした麻の心地良さの中に人の手の温もりが感じられ、清涼感とともにホッとする癒しの世界に誘いでくれるのです。



宮古上布

宮古上布

宮古上布




命が吹き込まれた個性溢れる糸を愛しむ
宮古上布は苧麻を手績みした糸が用いられています。苧麻の皮を剥ぎ繊維を裂き結び目が出ないように撚って一本の糸に仕上げられます。この手績みの仕事が工程の中でもっとも手間がかかります。その仕事は単調で気が遠くなる程の時間を要します。こういった手績みで作られる糸は芭蕉布 越後上布 藤布など天然の植物繊維を原料とする織物に共通するのですが、どの産地もこの仕事に従事される方の高齢化が深刻になっています。織り手になりたいという若者はそれなりにはおられるのですが ひたすら糸を績む仕事がしたいと思う若者がいるはずもありません。美しい織物が作りたい。そうして出来上がった作品は世間から憧れの眼差しで見られ愛され そして作者は賞賛されます。しかしその作品の原料となる糸にまで思いを寄せクローズアップされる事は稀ではないでしょうか。
このような自然布の一番の魅力は糸にあると言っても過言では有りません
糸を績む人によって全て個性が違う糸に仕上がり それが面白味や味わいを生み出すのでしょう。出来上がった布の魅力を左右するのは糸だというのが自然布なのです。




宮古上布 手績み苧麻

宮古上布 手績み苧麻

宮古上布

宮古上布




艶やかな渋い光沢を放つ布
宮古上布は織り上がったのち、製織の前に織りやすいように付けられた糊や不純物を水洗いで落とします。その後 砧打ち(きぬたうち)という仕事が待っています。
生地に澱粉糊と水を混ぜたものを均一に塗り3kg~5kgもある大きな木槌で布を何度も何度も叩く事で繊維が柔らかくなるとともに美しく渋みのある光沢が生まれます。本品は帯ですが着尺の場合は実に2万回から2万5千回も叩くのです。もちろん闇雲に叩けば良いのではなく熟練した職人技が必要となる事はいうまでも有りません。砧打ちされた上布はまるで蝋を引いたような光沢のある見た目になりそれを「蝋引き」と表現されることもあります。最後の仕上げまで手を抜かず 生地をより良いものにするこだわりも島民の気質がなせる技なのです。




宮古上布




人頭税に苦しめられた辛く悲しい歴史
宮古上布を語る上で知らねばならない歴史が有ります。
それは琉球王朝の時代から明治の初めまで宮古島の人々が苦しめられた人頭税の存在です。
人頭税とは収入にかかわらず全て人々から一律税を徴収する制度の事です。どんなに貧しくても台風などの災害が起ころうとも厳しく徴収されたのです。宮古島では15歳から50歳の全ての人に税が課せられました。数え年ですから15歳と言えば今では中学生の義務教育の頃からです。男性は粟 女性は布を納めなければなりません。税は琉球の人々全てに課せられていましたが 宮古島と八重山は特に厳しく徴収されたのです。身分の高いものは軽くその分を身分の低い貧しい人々から重く取り立てていたという事ですから当時の女性達は税の為に布を織っていたのです。徴収した宮古上布は琉球王朝から薩摩藩に献納されそこから「薩摩上布」と名を変えて京都や大阪へ出荷し巨万の富を得ていましたが、事実は宮古島の島民が血のにじむような生活の元に織られた宮古上布なのです。

高度な宮古上布の技術は決して島の人々が望んで磨かれていたのでは有りません。身分の高いものや役人 商人が少しでも多くの利益を得るために要求されたのです。どんなに素晴らしい宮古上布を作ろうとも自分たちの生活には全く関係無かったのですから。

近年までは過去の人頭税というマイナスイメージが島民たちには残っており、ひと昔前の年配者の方達にとって宮古上布は暗い歴史の象徴だったと言われています。
266年もの長きに渡り苦しめられた人頭税 それが宮古上布という美しい織物に秘められた悲しい歴史です。明治の初めに人頭税が廃止され ようやく島の産業として自分たちの生活の糧として独立する事が出来たのです。





宮古上布

宮古上布




最高級 夏の涼布「宮古上布」悲しい歴史が糧となり今なお織継がれるお品です。
決して量産出来ることが出来ない手仕事の極みといっても過言ではない「宮古上布」滅多にお目に掛かれるお品ではございませんのでお目に留まりましたら是非お手元にお迎えくださいませ。

スポットガーデン 筑摩和之



○お仕立ての際には垂れ先を無地に仕立てるか、柄にするかをオプション選択からご指定下さい。

宮古上布
宮古上布
宮古上布

宮古上布

宮古上布




【お知らせ】


※写真と実物とはモニターや画像処理の関係上、若干異なる場合がございますので予めご理解ください。

新規会員登録500P進呈

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入でランクアップ!

店主のつぶやき 業界裏話

スポットガーデン店主

店主 筑摩和之(ちくま かずゆき)です。
「誠実」「安心」「信頼」をモットーに、自らが厳選した着物や帯、和装小物を安心価格でご提案しております。
☆呉服業界裏話などつづっていますので上手なお店や商品選びの参考にしていただければ幸いです。
店長日記はこちら >>

商品カテゴリ

品種から探す

着物・帯をテーマから探す

特別企画

オリジナルグッズ

その他

特集



美しいキモノ2020年冬号 三才山紬 高山和子

琉球首里花倉織九寸名古屋帯
米須幸代氏作
シークレット販売


博多織

博多小袋帯

三才山紬

牛首紬

琉球染織

大島紬

アウトレット

和装小物ピックアップ


襟元から福を呼ぶ

干支半衿

五嶋紐 草履

竹久夢二 半衿

五嶋紐

京組紐

五嶋紐 三分紐

羽織紐 五嶋紐

帯締めSALE

実店舗営業カレンダー
  • 今日
  • 休業日
  • 営業時間変更有

基本休業日:毎日曜日

基本営業時間:13:00-19:00
12/1(火)・・15時頃~19時の営業
一人で運営している為、急な外出や臨時休業などございますのでご来店の際には事前にご連絡いただきますようお願い申し上げます。
お問合せは365日24時間メールまたはLINEで受け付けております。
※予定は変更の場合がございます。
※事前(ご来店前日まで)にご連絡いただきましたら営業時間外や定休日(日曜日)でも対応させて頂きます。早朝・深夜でもOK

お支払い方法他

カード
楽天ID決済
Yahoo!ウォレット アクセプタンス
マーク
あんしんクレジットカード決済システム

facebookページ

インスタグラム

友だち追加

地図 アクセス

店舗情報 活用術

お仕立てについて

催し物ご案内

店主のつぶやきバックナンバー

着物・帯コーディネート

その他ページ

下書き

シークレット販売商品

QR

ページトップへ