尾峨佐刺繍
和装小物よりどりセール
五嶋紐4990

お仕立てについて

お仕立て代・期間



◆お仕立て日数
着物・・海外手縫い仕立て 約45日
  ・・国内手縫い仕立て 約30日

帯・・全て国内縫製 約20日

※ご着用日が決まっている場合には、ご注文フォームフリー記入欄にてお知らせ下さい。

※国内仕立ての場合でお急ぎの場合はご相談下さい。

※年末年始・お盆・GWなど長期休暇期間を挟む場合は上記日数プラス7日~10日間かかりますので予めご了承ください。

==============================

【着物】

●袷仕立て※正絹胴裏地・正絹八掛地・湯のし(湯どおし)込

・海外手縫い仕立て・・・37,800円(税込)
・国内手縫い仕立て・・・48,600円(税込)

●単衣仕立て※衿裏・背伏・湯のし(湯どおし)込
・海外手縫い仕立て・・・24,840円(税込)
・国内手縫い仕立て・・・35,640円(税込)
※居敷当を付ける場合・・プラス2,000円(税込)
(腰から下の背縫い補強。)

(加工期間)
寸法・八掛地の色が確定後。
・海外仕立て:約45日 国内仕立て:約30日
※国内仕立ての場合のみ、お急ぎの場合はご相談下さい。

(着物ガード加工)
5,400円(税込)


==================

【八寸名古屋帯】
・全て国内仕立て

「松葉仕立て(ミシン)」・・・1,620円
手先から約40cm半分に折ってかがります。
※最も一般的なお仕立て方法です。

「平仕立て(ミシン)」・・・1,620円
手先を半分に折らずに全て平らのまま仕立てます。

※通常はミシン仕立てでも仕上がりには問題ありません。

手縫い仕立て追加料金・・・3,240円

(ガード加工※撥水加工)・・・3,240円

(加工期間)
・・・・約20日 (お急ぎの場合はお問合せ下さい)


==================

【九寸名古屋帯】
・国内仕立て※手縫い

「名古屋帯仕立て」・・・5,400円
手先からお太鼓までを半分に折って芯を入れて仕立てる
※最も一般的なお仕立て方法です。

「平仕立て(裏地無し)」・・・9,720円
手先を半分に折らずに全て平らにして芯を入れて仕立て、手先から胴巻きの部分に裏地をつけない

「平仕立て(裏地付き)」・・・12,420円
2の平仕立てで裏地(モス)をつける仕立て
※裏地の色はお任せになります。

(ガード加工)・・・3,240円

(起毛芯 追加料金)
・縮緬や塩瀬素材に最適な帯芯・・1,080円

(加工期間)
・・・・約20日(お急ぎの場合はお問合せ下さい)


==================

【袋帯】
・国内仕立て※手縫い

帯芯・仕立て代込・・・ 5,400円

(ガード加工)・・・3,240円

(加工期間)
・・・・約20日(お急ぎの場合はお問合せ下さい)

【着物・帯・長襦袢の丸洗い】
※なんでも1点3,780円
※納期:約30日間
※襟元・袖口の簡単な汚れ落とし込み。
※最終プレス加工をいたします。

・ドライクリーニングですので水溶性の汚れ・シミは落ちません。(シミ抜きをされる場合は別途料金がかかります。)

仕立て前事前確認

お問合せpc

寸法について


お仕立てをご依頼の場合
※ご注文後即、注文確認メール(自動送信)が届きます。
その後、通常24時間以内に店主(筑摩)から寸法確認メールを送信します。

お仕立て手順



●寸法表をお持ちでないが着物を持っている場合。

◆お手持ちの着物を採寸してください。
採寸箇所は以下の図をご参照下さい。

寸法

●着物も寸法表もない場合。

◆身長、腰回り、胸周り、裄丈から標準寸法を割り出しさせて頂きます。
※注文フォームの所定の欄に入力してください。

測り方は以下の図をご参照下さい。

寸法









八掛色合わせのコツ


★知っていて損はない【色の組み合わせの参考】

『色の組み合わせには、70:25:5 の法則がより美しく』

全体の面積を100とした時に 70%=ベースカラー 25%=メインカラー 5%=アクセントカラーという感じです。

着物姿で言うと。
【着物や帯の地色=ベースカラー】【柄の色(または帯の地色)=メインカラー】【小物の色=アクセントカラー】というイメージではないでしょうか。

ですから、ここで八掛地の色を、着物と同色(または同系色)にするとベースカラーとしての位置付けになりますし、反対色(補色)にするとアクセントカラーとしての位置付けになります。
※実際には彩度(鮮やかさ)や明度(明るさ)の差を付けて組み合わせる方がより馴染んだ色の組み合わせになります。

色には色相環というのがあり、
黄色黄緑青緑青紫赤紫の順に移り変わっていきます。
下の図が色相環と呼ばれるもので、隣り合った色が類似色であり、正面の色が反対色(補色)になります。
下の相環図で距離の近い位置にある色同士の組み合わせが落ち着いた印象になり、距離の遠い位置にある色を組み合わせるとインパクトのある個性的な印象になります。
また、色の明度に差をつける方が優しい(馴染んだ)印象になります。

※実際には、もっと細かく色分けされますし、明度・彩度も関係してきます。(図は内側に行くほど明度は高くなっています)

色相環


※一つの色を10秒ほど凝視してください。そして目を離すとぼんやりと残像が残りませんか?
その残像の色が反対色です。(科学的な根拠があるのが色相環です。)
下の赤色を10秒見て下さい。そして白い部分に目を移すとぼんやりと青緑の残像が見えませんか?

八掛

八掛色合わせ

同系色と反対色の組み合わせの例を見てみましょう。

八掛色合わせ


【八掛の色合わせのポイント】

着物を仕立てる時に見落としがちなのが八掛の色ではないでしょうか。
裏地だからとおろそかにすると、いざお召しになった時に全体がアンバランスな印象になってしまいます。
袖口からのぞく八掛の色は意外とコーディネートのキーポイントになります。
※歩く姿を後ろから見ても裾がめくれたときに八掛が見えますね。

【上品に落ち着いた雰囲気に仕上げるなら】
着物のベースになる地色と同系色にするのがオススメです。
※上の相環図の距離が近い色同士。

着物の色に対して濃目にすると締まりのあるアクセントになりますし、薄目にすると柔らかく明るい印象になります。同色にするとフォーマル感が生まれます。
※訪問着や色無地は、八掛地の色は着物の地色と同色ですよね。

八掛地を着物と同系色にする事で、帯や帯締め帯揚げなど小物とも合わせやすくなりますので幅広いコーディネートが出来ますし、帯や小物との色合わせも容易になります。

同系色の八掛を合わせた例

同色で明度だけが異なる色を合わせれば一番調和のとれた印象に仕上がります。

ベージュの着物に同じ茶系の色を合わせても、若干別の色味が混ざる事でそれぞれ違った印象になります。
同系の茶色はより無難で上品に仕上がり、少し緑味の茶系を合わせればモダンなお洒落感とまとまりのある印象に。
また赤味の強い茶系を合わせればメリハリが出て個性的になる反面、小物や帯の組み合わせが難しくなってしまいます。
※一言で同系色と言っても明度(明るさ)の違いや少しの混色が違えば全く違った印象になります。


同じように紫の着物の八掛を同系色で明度の違う色目をコーディネートしても赤味の紫の着物には赤味のある紫の八掛がしっくりとまとまります。青味の紫を付ければ個性的に仕上がります。

八掛色合わせ

【個性的なお洒落をお楽しみになりたい場合は】
地色と反対色(補色)などを選ばれると良いでしょう。
色相関の反対側の色を合わせると、八掛の色がアクセントになり着物の色を引き立てる効果があります。
但し、鮮やかな色同士で反対色の組み合わせは”きつい”印象になってしまうので明度に差をつける方が無難です。

また、八掛を際立つ色にするとお洒落な反面、帯や小物との色の組み合わせも考慮しないといけませんのでコーディネートが少し難しくなります。
着物をたくさんお持ちの方などにはおススメです。
特に、同じような色合いの着物をお持ちの場合には、八掛の色を変えることで上品な雰囲気にしたり、明るく華やかな印象にしたり着こなしを楽しむことが出来ます。

八掛色合わせ
濃い色の着物に合わせる場合は明度を変えると優しい調和のとれた印象に仕上がります
【一般的には明度の同じ色同士の組み合わせよりも、差をつける方が調和のとれた印象になります。】


【着物の色とは違った色にして且つ、コーディネートし易くするには】
着物の柄に入っているどれかの色と同色にするものお洒落です。
そうすれば、小物や帯との組み合わせも、八掛の色を個別に考慮しなくてもよくなり合わせやすくなります。

八掛の色の組み合わせでNGというものは無く、ご自分の好みやお召しになるシーンでお決めになればいいのではないのでしょうか。

不安な場合はお気軽にご相談下さい。お客様のご希望のイメージでご提案させていただきます。





八掛地色見本


★着物を袷仕立てにされる場合は以下より八掛地をお選びください。

【紬(織物)向き 両駒生地八掛】
◆薄色の着物の場合は八掛地と胴裏地の色の境界線が表に移りますのでNO600番台のボカシタイプをおススメ致します。
◆見本は実際の生地をスキャンしておりますので色目が若干違って見えている場合がございますので予めご了承下さい。
※実物はもう少し光沢がありクリアーで綺麗な色になります。
※着物と同系色薄目、同系色濃いめなどお伝えいただければこちらでご提案させて頂きますので、ご注文ページの八掛色NO入力欄に記入してください。

★商品ご注文後にゆっくり色をお選びいただいても構いません。八掛色入力欄に「後から決定」と記入して下さい。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せ下さい。

画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

八掛地 八掛地 八掛地
八掛地 八掛地 八掛地




【小紋(縮緬生地)向き パレス八掛】

◆薄色の着物の場合は【ボカシタイプ】からお選びください。

画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

パレス八掛 パレス八掛 

パレス八掛 パレス八掛 

パレス八掛 パレス八掛 


八掛色選びのコツはこちらをご覧ください




新規会員登録500P進呈

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入でランクアップ!


 新規会員登録

店主のつぶやき 業界裏話 【季節の帯選びで最近思うこと】

スポットガーデン店主

店主 筑摩和之(ちくま かずゆき)です。
「誠実」「安心」「信頼」をモットーに、自らが厳選した着物や帯、和装小物を安心価格でご提案しております。
☆呉服業界裏話などつづっていますので上手なお店や商品選びの参考にしていただければ幸いです。
店長日記はこちら >>

商品カテゴリ

品種から探す

着物・帯をテーマから探す

特別企画

オリジナルグッズ

格安SALE



アウトレット

伊勢型紙

菊之好

睿

夏小物最終処分

実店舗営業カレンダー
  • 今日
  • 休業日
  • 営業時間変更有

基本休業日:毎日曜日

基本営業時間:13:00-1900
お問合せは365日24時間メールで受け付けております。
※予定は変更の場合がございます。
※事前にご連絡いただきましたら営業時間外や定休日(日曜日)でも対応させて頂きます。早朝・深夜でもOK

お支払い方法他

カード
楽天ID決済
Yahoo!ウォレット アクセプタンス
マーク
あんしんクレジットカード決済システム

facebookページ
スポットガーデンインスタグラム

友だち追加

地図 アクセス

QR

ページトップへ