和装小物よりどりセール

シークレット販売(伊勢型)

伊勢型小紋 2代目 六谷梅軒 瓢に雪輪


こちらはシークレット販売商品です
価格・在庫の有無及びご購入ページに関してはマイページをご参照ください。
マイページへのアクセスは会員登録が必要です

メーカー希望価格 363,000円
当店価格はマイページをご確認ください。


伊勢型
二代目 六谷梅軒
彫師×染師 神業の競演
作品名 瓢(ひさご)に雪輪




伊勢型小紋

伊勢型小紋

伊勢型小紋

伊勢型小紋






【型紙製作者】二代目 六谷梅軒
【染元】染処古今(所在地:京都)
【品質】絹100%:濱縮緬
【生地幅】約38cm(裄丈約71cm 1尺8寸8分まで対応)
【着用時期】10月頃から翌年5月頃(袷の季節)6月 9月(単衣の季節)

江戸小紋を代表する格調高い小紋三役を瓢箪と雪輪文様の中に彫り上げた粋な模様が抜群のお洒落さを漂わせます。
そして、型をほんの少しズラして2度置きする事によって奥行きが表現された常盤染は着姿を豊かな表情に仕上げてくれるのです。

彫師の神業とも言える手仕事、染師の研ぎ澄まされた感性が融合する事によって出来上がる伊勢型小紋。
連なる点と線が奏でる旋律の様な型紙の美しさ、染め上がった布が放つ光の粒のごとき煌めき。それらは卓越した職人技によって生み出されるのです。
本品は、錐彫りによって二代目六谷梅軒氏が彫り上げた伊勢型紙を用い、伊勢型専門染工房「染処古今(そめどころここん)」四代目 安江敏弘氏によって染め上げられました。










伊勢型小紋

伊勢型小紋









【伊勢型紙】
楮だけですいた美濃和紙に接着剤として柿渋の液を塗り、数枚貼り合わせたものが地紙(型紙の元)になります。
彫刻刀や小刀のような専用の道具を用いて地紙を彫り柄を作っていきます。
※錐彫り、突彫り、道具彫り、縞彫りなど彫り方によって刃先の形状が異なり、細かな柄になればなるほど卓越した技術が必要である事は言うまでも有りません。

錐(きり)彫り・・もっとも古くからある彫り技法、半円形の刃先の小刀を用い、丸い小さな穴を無数に開けてあらゆる文様を作り出します。小紋三役と呼ばれる鮫、通し、行儀といった文様は錐彫りの技法で彫られます。

突彫り・・友禅などやや大柄の文様を彫るのに適しています。細長い三日月型の小刀を使います。傾斜の付いた机の上に地紙を数枚重ねて穴板の上に置き、垂直に突く様にして小刀を彫り進めます。

道具彫り・・小刀の先が花、扇、菱などの形に作られているものを突いて彫り抜く技法。錐彫りとともに小紋用に最もよく用いられます。

縞彫り・・毛髪の様に微細な筋を何百本も彫って極細の縞柄を作る技法。


型紙は一度に数枚分を重ねて彫られます。出来上がった型紙は一定数染めると劣化して使えなくなってしまう為、すべての型紙が寿命を迎えた時その柄の生産は終了となります。いずれは型紙が役目を終えて消え去ってしまうという有限さに、儚さやノスタルジックな感情が湧き出るのです。

出来上がった型紙は染の専門工場が買取り、白生地に染め上げられ反物が出来上がります。









伊勢型小紋









【伊勢型紙で染める】
板に貼られた白生地に型紙を置き防染糊を引いていきます。型に開いた隙間を通して生地に防染糊が付く事でその部分に色が染まらないようにします。
型紙を順番に送りながら糊を置いて行く作業は、染め上がった際に型紙の継ぎ目が分からないよう寸分の狂いも許されません。この工程が染め上がりの良し悪しに直結してしまう為、正に神業とも言える糊置きの技術が必要なのです。



常盤染~染師の技が生み出す奥行き
本品は通常の伊勢型染に更に手間をかけて染め上げられています。
下の画像を見ると、柄を表現する為の点が白っぽいものとオリーブ色の2つの色で構成されているのがお分かりいただけると思います。
これは、柄を表現するための糊置きをほんの少しだけ型紙をズラし2度行う事によって可能となる技法です。白っぽい点は、糊置きで防染し白抜きされた部分に薄グレーの染料で引き染めされています。オリーブ色の点は、防染糊にオリーブ色の顔料が混ざった色糊を置くことで色が付けられています。
染職人の発想力によって考案された常盤染は、高度な糊置きの技術と手間暇が必要とされることは勿論、柄に奥行きが生まれ伊勢型文様の魅力を更に引き上げてくれるのです。


※オリーブ色の点と薄グレーの点が少しずれて並んでいるのがご確認いただけます。
白っぽく見える点は糊置きで白く染め抜かれた後に、上から薄い灰水色で引き染めされています。


伊勢型小紋







【伊勢型の歴史】
三重県鈴鹿市白子町、寺家町を産地とする伊勢型紙。
応仁の乱によって京都から逃げ延びてきた人々の中に型紙職人がいた事から伊勢型紙の産地となったと伝えられていますが、その歴史は定かではありません。
また、鈴鹿市にある子安観音寺には、今から1200年ほど昔 久大夫という翁が不断桜の落ち葉の虫食い跡がとても面白く、紙を切り抜き模様に仕立てる事を思いついたことが伊勢型紙の発祥という言い伝えも残っています。

その伊勢型紙を江戸を中心とした染屋が購入し、染師らの手によって染め物が生産されていました。江戸時代には武士の礼服である裃の模様として定められるようになり、武士達は競うようにより細かく高度な柄を求め伊勢型の技術が向上し発展して行きます。将軍や大名などは決まった模様が決められ、他のものがその柄を使用できないよう「留柄」「定め柄」とされていました。
その後江戸の町人らにも広がり、奢侈(ししゃ)禁止令(贅沢を禁止し倹約を推奨する命令)が出される中、遠目には地味に見える小さな柄の中に遊び心を取り入れた粋で洒落た柄を求め男女ともに流行していったのです。
その後、伊勢型で染められたものが江戸小紋と呼ばれるようになりました。







伊勢型小紋




昭和30年 第1回 人間国宝 国の重要無形文化財技術保持者に、突彫りの南部芳松氏、道具彫りの中村勇二郎氏、錐(きり)彫りの初代 六谷梅軒氏が認定されました。
本品は、初代六谷梅軒氏の名を襲名した2代目 六谷梅軒氏が彫られた伊勢型紙で染め上げられています。





六谷梅軒 伊勢型





【柄名 小紋三役 瓢(ひさご)に雪輪】
江戸小紋を代表する格調高い小紋三役を瓢箪と雪輪文様の中に彫り上げた粋な模様が抜群のお洒落さを漂わせます。
小紋三役とは…鮫小紋、行儀、角通しの柄を用いた文様。



2代目 六谷梅軒が彫り上げた型紙を用い、染処古今の匠 安江敏弘氏によって染め上げられた作品です。



伊勢型小紋




鮫小紋…紀州徳川藩の定め柄とされており江戸小紋の中でも最も格式高い柄。鮫の肌を模様にし、硬い鮫の肌は鎧に例えられ魔除けや厄除けとされています。



伊勢型小紋




角通し…四角形の点が縦に並んだ模様。「筋を通す」の意味を持ち武士道の精神が表現されています。



伊勢型小紋




行儀…点が斜め45度に並んでいる柄。45度の角度がお辞儀をしているようでもあり「礼を尽くす」という意味合いを持ちます。



伊勢型小紋










【古今色の秘密】
防染糊を置いた後、染料を配合した糊(色糊)で地染めをします。しごくように染める事から「しごき染」と呼ばれます。
しごき染め後に糊を落とすと防染糊を置いた部分が白く染め抜かれて柄が浮かび上がります。昔ながらの伊勢型染は、しごき染で完了しますが、染処古今さんにおいては更に草木染料で引き染めを施しその上から化学染料で重ね染する事で白く染め抜かれた部分にも色が付くとともに草木染によって深みのある色に仕上がるのです。
そして、もう一点手間暇を掛けているのが古今の色と評される所以の一つです。
色糊を作る際に使う染料は専門業者から仕入れるのですが、染料をそのまま用いるのではなく、長年の研究と職人の感性によって仕入れた染料に調整を加える事で他にはないオリジナリティ溢れる色に染め上がるのです。
※本品は、糊置きを2度施された常磐染の技法で染め上げられています。


「3度染める」
1、色糊による地染め
2、草木染料で引き染
3、化学染料で引き染

「染料に独自の調整を加える」


これが染処古今が作り上げた他には真似の出来ない色の秘密なのです。






伊勢型小紋



伊勢型







裏面は草木染と化学染料で引き染めされた染料が裏に通り、無地になっています。地色部分は色糊でしごき染めされている為、裏に色が通りません。






伊勢型小紋









染め生地は滋賀県長浜市を産地とする高級素材 濱縮緬が用いられており、ドレープ性としっかりとした風合いを併せ持ち、伊勢型染の美しさを余すところなく伝えてくれますのでエレガントな着姿に仕上がります。







伊勢型小紋


伊勢型小紋

伊勢型小紋


伊勢型小紋

伊勢型小紋












彫師と染師の神業が共演して生まれる伊勢型小紋。2代目 六谷梅軒氏の型紙で染め上げられた「瓢に雪輪」高級生地 濱縮緬のしっかりとしたドレープ性と発色の美しさが染の素晴らしさを余すところなく伝えています。
真摯なモノづくりをされる染処古今さんの手によって命が吹き込まれた名品を是非お手元にお迎え下さい。
スポットガーデン 筑摩和之








伊勢型小紋

伊勢型小紋

伊勢型小紋

伊勢型小紋


伊勢型小紋

伊勢型小紋










※写真と実物ではモニター環境などによって若干色が違って見えることがございます。
※ご購入手続き完了後、すぐに注文確認メールが届きます。(自動配信メール)
その後、通常24時間以内に店舗(店主 筑摩)よりお仕立て内容確認についてのメールを送りますのでお待ちください。

お仕立てに関して詳しくはこちらをご覧ください。
↓↓↓
こちら>>



伊勢型八掛


★ご提案以外の八掛地の色をご依頼される場合は「八掛色NO」記入欄にご希望の色を記入して下さい。メールにて最終確認させて頂きます。

※色はご注文完了後にゆっくりお考えいただいても構いません。(八掛NO記入欄に「注文後決定」と記入して下さい。)
※縮緬向けパレスタイプからお好みの色をお選びください。

【八掛地は下の画像をクリックしてお選びください】


八掛色見本

  • 2022.07.03
  • 21:40

伊勢型小紋 六谷梅軒 鳴門の渦潮


こちらはシークレット販売商品です
価格・在庫の有無及びご購入ページに関してはマイページをご参照ください。
マイページへのアクセスは会員登録が必要です

メーカー希望価格 363,000円
当店価格はマイページをご確認ください。


伊勢型
人間国宝 六谷梅軒
彫師×染師 神業の競演
作品名 鳴門の渦潮





伊勢型 六谷梅軒

伊勢型 六谷梅軒

伊勢型 六谷梅軒

伊勢型 六谷梅軒









【型紙製作者】六谷梅軒 人間国宝 錐彫り 国の重要無形文化財技術保持者
【染元】染処古今(所在地:京都)
【品質】絹100%:濱縮緬
【生地幅】約38cm(裄丈約71cm 1尺8寸8分まで対応)
【着用時期】10月頃から翌年5月頃(袷の季節)6月 9月(単衣の季節)


彫師の神業とも言える手仕事、染師の研ぎ澄まされた感性が融合する事によって出来上がる伊勢型小紋。
連なる点と線が奏でる旋律の様な型紙の美しさ、染め上がった布が放つ光の粒のごとき煌めき。それらは卓越した職人の手仕事によって生み出されるのです。
本品「鳴門の渦潮」は、錐彫りの重要無形文化財技術保持者人間国宝 故)六谷梅軒氏が彫り上げた伊勢型紙を用い、伊勢型専門染工房「染処古今(そめどころここん)」によって染め上げられました。










伊勢型 六谷梅軒

伊勢型 六谷梅軒






【伊勢型紙】
楮だけですいた美濃和紙に接着剤として柿渋の液を塗り、数枚貼り合わせたものが地紙(型紙の元)になります。
彫刻刀や小刀のような専用の道具を用いて地紙を彫り柄を作っていきます。
※錐彫り、突彫り、道具彫り、縞彫りなど彫り方によって刃先の形状が異なり、細かな柄になればなるほど卓越した技術が必要である事は言うまでも有りません。

錐(きり)彫り・・もっとも古くからある彫り技法、半円形の刃先の小刀を用い、丸い小さな穴を無数に開けてあらゆる文様を作り出します。小紋三役と呼ばれる鮫、通し、行儀といった文様は錐彫りの技法で彫られます。

突彫り・・友禅などやや大柄の文様を彫るのに適しています。細長い三日月型の小刀を使います。傾斜の付いた机の上に地紙を数枚重ねて穴板の上に置き、垂直に突く様にして小刀を彫り進めます。

道具彫り・・小刀の先が花、扇、菱などの形に作られているものを突いて彫り抜く技法。錐彫りとともに小紋用に最もよく用いられます。

縞彫り・・毛髪の様に微細な筋を何百本も彫って極細の縞柄を作る技法です。

型紙は一度に数枚分を重ねて彫られます。出来上がった型紙は一定数染めると劣化して使えなくなってしまう為、すべての型紙が寿命を迎えた時その柄の生産は終了となります。また、その前に型紙の製作者な亡くなったとしても、死してなお型紙から作品が生み出され続けるという事に感動や趣深さを感じると共に、いずれは型紙が役目を終えて消え去ってしまうという有限さに、儚さやノスタルジックな感情が湧き出るのです。

本作品「鳴門の渦潮」に関しても、製作者 六谷梅軒氏はお亡くなりになっていますので、型紙が寿命を迎えると同時に二度と染める事は出来ません。

型紙は染の専門工場が買取り、白生地に染め上げられ反物が出来上がります。









伊勢型 六谷梅軒









【伊勢型紙で染める】
板に貼られた白生地に型紙を置き防染糊を引いていきます。型に開いた隙間を通して生地に防染糊が付く事でその部分に色が染まらないようにします。
型紙を順番に送りながら糊を置いて行く作業は、染め上がった際に型紙の継ぎ目が分からないよう寸分の狂いも許されません。この工程が染め上がりの良し悪しに直結してしまう為、正に神業とも言える糊置きの技術が必要なのです。



常盤染~染師の技が生み出す奥行き
本品は通常の伊勢型染に更に手間をかけて染め上げられています。
下の画像を見ると、柄を表現する為の点が白っぽいものと紫色の2つの色で構成されているのがお分かりいただけると思います。
これは、柄を表現するための糊置きをほんの少しだけ型紙をズラし2度行う事によって可能となる技法です。白っぽい点は、糊置きで防染し白抜きされた部分に薄い灰水色が引き染めされています。紫色の点は、防染糊に紫の顔料が混ざった色糊を置くことで色が付けられています。
染職人の発想力によって考案された常盤染は、高度な糊置きの技術と手間暇が必要とされることは勿論、柄に奥行きが生まれ伊勢型文様の魅力を更に引き上げてくれるのです。



※紫の点と白っぽいの点が少しずれて並んでいるのがご確認いただけます。
白っぽく見える点は糊置きで白く染め抜かれた後に、上から薄い灰水色で引き染めされています。紫色の点は、防染糊に紫の顔料が混ざった色糊を置くことで色が付けられています。




伊勢型 六谷梅軒







【伊勢型の歴史】
三重県鈴鹿市白子町、寺家町を産地とする伊勢型紙。
応仁の乱によって京都から逃げ延びてきた人々の中に型紙職人がいた事から伊勢型紙の産地となったと伝えられていますが、その歴史は定かではありません。
また、鈴鹿市にある子安観音寺には、今から1200年ほど昔 久大夫という翁が不断桜の落ち葉の虫食い跡がとても面白く、紙を切り抜き模様に仕立てる事を思いついたことが伊勢型紙の発祥という言い伝えも残っています。

その伊勢型紙を江戸を中心とした染屋が購入し、染師らの手によって染め物が生産されていました。江戸時代には武士の礼服である裃の模様として定められるようになり、武士達は競うようにより細かく高度な柄を求め伊勢型の技術が向上し発展して行きます。将軍や大名などは決まった模様が決められ、他のものがその柄を使用できないよう「留柄」「定め柄」とされていました。
その後江戸の町人らにも広がり、奢侈(ししゃ)禁止令(贅沢を禁止し倹約を推奨する命令)が出される中、遠目には地味に見える小さな柄の中に遊び心を取り入れた粋で洒落た柄を求め男女ともに流行していったのです。
その後、伊勢型で染められたものが江戸小紋と呼ばれるようになりました。







伊勢型 六谷梅軒




昭和30年 第1回 人間国宝 国の重要無形文化財技術保持者に、突彫りの南部芳松氏、道具彫りの中村勇二郎氏、錐(きり)彫りの初代 六谷梅軒氏が認定されました。





伊勢型 六谷梅軒





【柄名 鳴門の渦潮】
徳島と淡路島を結ぶ大鳴門大橋の下にある日本有数の観光スポット「鳴門の渦潮」瀬戸内の海に渦巻くうねりや波しぶきが伊勢型染で表現されています。
不規則な渦潮のうねりを規則正しく彫られた型紙を用いて染め上げる。シンプルな柄行の中にも、彫師と染師の技の融合に思わず息を呑む美しさをと迫力が感じられるのです。





伊勢型 六谷梅軒








【古今色の秘密】
防染糊を置いた後、染料を配合した糊(色糊)で地染めをします。しごくように染める事から「しごき染」と呼ばれます。
しごき染め後に糊を落とすと防染糊を置いた部分が白く染め抜かれて柄が浮かび上がります。昔ながらの伊勢型染は、しごき染で完了しますが、染処古今さんにおいては更に草木染料で引き染めを施しその上から化学染料で重ね染する事で白く染め抜かれた部分にも色が付くとともに草木染によって深みのある色に仕上がるのです。
そして、もう一点手間暇を掛けているのが古今の色と評される所以の一つです。
色糊を作る際に使う染料は専門業者から仕入れるのですが、染料をそのまま用いるのではなく、長年の研究と職人の感性によって仕入れた染料に調整を加える事で他にはないオリジナリティ溢れる色に染め上がるのです。
※本品は、糊置きを2度施された常磐染の技法で染め上げられています。


「3度染める」
1、色糊による地染め
2、草木染料で引き染
3、化学染料で引き染

「染料に独自の調整を加える」


これが染処古今が作り上げた他には真似の出来ない色の秘密なのです。






伊勢型 六谷梅軒



伊勢型







裏面は草木染と化学染料で引き染めされた染料が裏に通り、無地になっています。柄部分は色糊でしごき染めされている為、裏に色が通りません。





伊勢型 六谷梅軒









染め生地は滋賀県長浜市を産地とする高級素材 濱縮緬が用いられており、ドレープ性としっかりとした風合いを併せ持ち、伊勢型染の美しさを余すところなく伝えてくれますのでエレガントな着姿に仕上がります。







伊勢型 六谷梅軒

伊勢型 六谷梅軒

伊勢型 六谷梅軒

伊勢型 六谷梅軒

伊勢型 六谷梅軒









彫師と染師の神業が共演して生まれる伊勢型小紋。人間国宝 六谷梅軒氏の型紙で染め上げられた「鳴門の渦潮」高級生地 濱縮緬のしっかりとしたドレープ性と発色の美しさが染の素晴らしさを余すところなく伝えています。
型紙の寿命が尽きる時、もう2度と手にする事は叶いません。
真摯なモノづくりをされる染処古今さんの手によって命が吹き込まれた名品を是非お手元にお迎え下さい。
スポットガーデン 筑摩和之









伊勢型 六谷梅軒

伊勢型 六谷梅軒

伊勢型 六谷梅軒

伊勢型 六谷梅軒

伊勢型 六谷梅軒











※写真と実物ではモニター環境などによって若干色が違って見えることがございます。
※ご購入手続き完了後、すぐに注文確認メールが届きます。(自動配信メール)
その後、通常24時間以内に店舗(店主 筑摩)よりお仕立て内容確認についてのメールを送りますのでお待ちください。

お仕立てに関して詳しくはこちらをご覧ください。
↓↓↓
こちら>>




伊勢型八掛




★ご提案以外の八掛地の色をご依頼される場合は「八掛色NO」記入欄にご希望の色を記入して下さい。メールにて最終確認させて頂きます。

※色はご注文完了後にゆっくりお考えいただいても構いません。(八掛NO記入欄に「注文後決定」と記入して下さい。)
※縮緬向けパレスタイプ(ボカシタイプ)からお好みの色をお選びください。
薄色の為、無地の八掛地を選ばれますと、胴裏地と八掛地の境目の色の違いが表に響きますのでご注意ください。

【八掛地は下の画像をクリックしてお選びください】


八掛色見本

  • 2022.07.03
  • 21:40

伊勢型小紋 六谷梅軒 千成瓢箪


こちらはシークレット販売商品です
価格・在庫の有無及びご購入ページに関してはマイページをご参照ください。
マイページへのアクセスには会員登録が必要です。

メーカー希望価格 330,000円
当店価格はマイページをご確認ください。


伊勢型
人間国宝 六谷梅軒
彫師×染師 神業の競演
作品名 千成瓢箪




伊勢型 六谷梅軒

伊勢型 六谷梅軒

伊勢型 六谷梅軒







【型紙製作者】六谷梅軒 人間国宝 錐彫り 国の重要無形文化財技術保持者
【染元】染処古今(所在地:京都)
【品質】絹100%:濱縮緬
【生地幅】約38cm(裄丈約71cm 1尺8寸8分まで対応)
【着用時期】10月頃から翌年5月頃(袷の季節)6月 9月(単衣の季節)


彫師の神業とも言える手仕事、染師の研ぎ澄まされた感性が融合する事によって出来上がる伊勢型小紋。
連なる点と線が奏でる旋律の様な型紙の美しさ、染め上がった布が放つ光の粒の様な煌めき。それらは卓越した職人技によって生み出されるのです。
本品は、錐彫りの重要無形文化財技術保持者人間国宝 故)六谷梅軒氏が彫り上げた伊勢型紙を用い、伊勢型専門染工房「染処古今(そめどころここん)」によって染め上げられました。








伊勢型 六谷梅軒

伊勢型 六谷梅軒






【伊勢型紙】
楮だけですいた美濃和紙に接着剤として柿渋の液を塗り、数枚貼り合わせたものが地紙(型紙の元)になります。
彫刻刀や小刀のような専用の道具を用いて地紙を彫り柄を作っていきます。
※錐彫り、突彫り、道具彫り、縞彫りなど彫り方によって刃先の形状が異なり、細かな柄になればなるほど卓越した技術が必要である事は言うまでも有りません。

錐(きり)彫り・・もっとも古くからある彫り技法、半円形の刃先の小刀を用い、丸い小さな穴を無数に開けてあらゆる文様を作り出します。小紋三役と呼ばれる鮫、通し、行儀といった文様は錐彫りの技法で彫られます。

突彫り・・友禅などやや大柄の文様を彫るのに適しています。細長い三日月型の小刀を使います。傾斜の付いた机の上に地紙を数枚重ねて穴板の上に置き、垂直に突く様にして小刀を彫り進めます。

道具彫り・・小刀の先が花、扇、菱などの形に作られているものを突いて彫り抜く技法。錐彫りとともに小紋用に最もよく用いられます。

縞彫り・・毛髪の様に微細な筋を何百本も彫って極細の縞柄を作る技法。

型紙は一度に数枚重ねて彫られます。出来上がった型紙は一定数染めると劣化して使えなくなるそうです。ゆえに型紙がすべて寿命を迎えた時、その柄は終了となるのですが、その前に製作者な亡くなったとしても、死してなお製作した型紙から作品が生み出されるという事に感動や趣深さを感じると共に、いずれは型紙が役目を終えて消え去ってしまうという有限さに、儚さやノスタルジックな感情が湧き出るのです。

本作品「千成瓢箪」に関しても、製作者 六谷梅軒氏はお亡くなりになっていますので、型紙が寿命を迎えると同時に終了してしまい、二度と染める事は出来ません。

出来上がった型紙は染の専門工場が買取り、白生地に染め上げられ反物が出来上がります。









伊勢型 六谷梅軒


伊勢型 六谷梅軒







【伊勢型紙で染める】
板に貼られた白生地に型紙を置き防染糊を引いていきます。型に開いた隙間を通して生地に防染糊が付く事でその部分に色が染まらないようにします。
型紙を順番に送りながら糊を置いて行く作業は、染め上がった際に型紙の継ぎ目が分からないよう寸分の狂いも許されません。この工程が染め上がりの良し悪しに直結してしまう為、正に神業とも言える糊置きの技術が必要なのです。









伊勢型 六谷梅軒





【伊勢型の歴史】
三重県鈴鹿市白子町、寺家町を産地とする伊勢型紙。
応仁の乱によって京都から逃げ延びてきた人々の中に型紙職人がいた事から伊勢型紙の産地となったと伝えられていますが、その歴史は定かではありません。
また、鈴鹿市にある子安観音寺には、今から1200年ほど昔 久大夫という翁が不断桜の落ち葉の虫食い跡がとても面白く、紙を切り抜き模様に仕立てる事を思いついたことが伊勢型紙の発祥という言い伝えも残っています。

その伊勢型紙を江戸を中心とした染屋が購入し、染師らの手によって染め物が生産されていました。江戸時代には武士の礼服である裃の模様として定められるようになり、武士達は競うようにより細かく高度な柄を求め伊勢型の技術が向上し発展して行きます。将軍や大名などは決まった模様が決められ、他のものがその柄を使用できないよう「留柄」「定め柄」とされていました。
その後江戸の町人らにも広がり、奢侈(ししゃ)禁止令(贅沢を禁止し倹約を推奨する命令)が出される中、遠目には地味に見える小さな柄の中に遊び心を取り入れた粋で洒落た柄を求め男女ともに流行していったのです。
その後、伊勢型で染められたものが江戸小紋と呼ばれるようになりました。







伊勢型 六谷梅軒




昭和30年 第1回 人間国宝 国の重要無形文化財技術保持者に、突彫りの南部芳松氏、道具彫りの中村勇二郎氏、錐(きり)彫りの初代 六谷梅軒氏が認定されました。





伊勢型 六谷梅軒





【柄名 千成瓢箪】
もの事すべて実になる。・・小さな実が鈴なりに沢山つく品種の瓢箪
瓢箪には神の魂が宿るといわれており、戦国武将 豊臣秀吉の馬印は瓢箪でした。
戦に勝つごとに1個ずつ瓢箪を増やしていき縁起が良いと考えられていました。
そして、色糊で黒に染めた上から薄藤色の染料が引かれ、柄の中が薄藤色に染まった古今の色とも言える、他には真似の出来ない深みのあるお色目が大人の上品さを演出してくれるのです。






伊勢型 六谷梅軒

伊勢型 六谷梅軒






【古今色の秘密】
防染糊を置いた後、染料を配合した糊(色糊)で地染めをします。しごくように染める事から「しごき染」と呼ばれます。
しごき染め後に糊を落とすと防染糊を置いた部分が白く染め抜かれて柄が浮かび上がります。昔ながらの伊勢型染は、しごき染で完了しますが、染処古今さんにおいては更に草木染料で引き染めを施しその上から化学染料で重ね染する事で白く染め抜かれた部分にも色が付くとともに草木染によって深みのある色に仕上がるのです。
そして、もう一点手間暇を掛けているのが古今の色と評される所以の一つです。
色糊を作る際に使う染料は専門業者から仕入れるのですが、染料をそのまま用いるのではなく、長年の研究と職人の感性によって仕入れた染料に調整を加える事で他にはないオリジナリティ溢れる色に染め上がるのです。


「3度染める」
1、色糊による地染め
2、草木染料で引き染
3、化学染料で引き染

「染料に独自の調整を加える」


これが染処古今が作り上げた他には真似の出来ない色の秘密なのです。






伊勢型 六谷梅軒



伊勢型







裏面は草木染と化学染料で引き染めされた染料が裏に通り、無地になっています。柄部分は色糊でしごき染めされている為、裏に色が通りません。
無地になっていますので単衣仕立てにされた場合もスキっとしたお洒落さが感じられます。



※裏は灰味の薄藤色になっています。


伊勢型 六谷梅軒






染め生地は滋賀県長浜市を産地とする高級素材 濱縮緬が用いられており、ドレープ性としっかりとした風合いを併せ持ち、伊勢型染の美しさを余すところなく伝えてくれますのでエレガントな着姿に仕上がります。




伊勢型 六谷梅軒

伊勢型 六谷梅軒

伊勢型 六谷梅軒







彫師と染師の神業が共演して生まれる伊勢型小紋。人間国宝 六谷梅軒氏の型紙で染め上げられた「千成瓢箪」高級生地 濱縮緬のしっかりとしたドレープ性と発色の美しさが染の素晴らしさを余すところなく伝えています。
型紙の寿命が尽きる時、もう2度と手にする事は叶いません。
真摯なモノづくりをされる染処古今さんの手によって命が吹き込まれた名品を是非お手元にお迎え下さい。
スポットガーデン 筑摩和之






伊勢型 六谷梅軒






※写真と実物ではモニター環境などによって若干色が違って見えることがございます。
※ご購入手続き完了後、すぐに注文確認メールが届きます。(自動配信メール)
その後、通常24時間以内に店舗(店主 筑摩)よりお仕立て内容確認についてのメールを送りますのでお待ちください。

お仕立てに関して詳しくはこちらをご覧ください。
↓↓↓
こちら>>




★ご提案以外の八掛地の色をご依頼される場合は「八掛色NO」記入欄にご希望の色を記入して下さい。メールにて最終確認させて頂きます。

※色はご注文完了後にゆっくりお考えいただいても構いません。(八掛NO記入欄に「注文後決定」と記入して下さい。)
※縮緬向けパレスタイプ(無地またはボカシ)からお好みの色をお選びください。

【八掛地は下の画像をクリックしてお選びください】


八掛色見本

  • 2022.07.03
  • 21:39

伊勢型小紋 中村勇次郎 献上古代菊


こちらはシークレット販売商品です
価格・在庫の有無及びご購入ページに関してはマイページをご参照ください。
マイページへのアクセスには会員登録が必要です。

メーカー希望価格 363,000円
当店価格はマイページをご確認ください。


伊勢型
人間国宝 中村勇二郎
彫師×染師 神業の競演
作品名 献上古代菊



伊勢型 中村勇二郎

伊勢型 中村勇二郎

伊勢型 中村勇二郎





【型紙製作者】中村勇二郎  人間国宝 道具彫り 国の重要無形文化財技術保持者
【染元】染処古今(所在地:京都)
【品質】絹100%:濱縮緬
【生地幅】約38cm(裄丈約71cm 1尺8寸8分まで対応)
【着用時期】10月頃から翌年5月頃(袷の季節)6月 9月(単衣の季節)


彫師の神業とも言える手仕事、染師の研ぎ澄まされた感性が融合する事によって出来上がる伊勢型小紋。
連なる点と線が奏でる旋律の様な型紙の美しさ、染め上がった布が放つ光の粒の様な煌めき。それらは卓越した職人技によって生み出されるのです。
本品は、道具彫りの重要無形文化財技術保持者人間国宝 故)中村勇二郎氏が彫り上げた伊勢型紙を用い、伊勢型専門染工房「染処古今(そめどころここん)」によって染め上げられました。








伊勢型 中村勇二郎

伊勢型 中村勇二郎






【伊勢型紙】
楮だけですいた美濃和紙に接着剤として柿渋の液を塗り、数枚貼り合わせたものが地紙(型紙の元)になります。
彫刻刀や小刀のような専用の道具を用いて地紙を彫り柄を作っていきます。
※錐彫り、突彫り、道具彫り、縞彫りなど彫り方によって刃先の形状が異なり、細かな柄になればなるほど卓越した技術が必要である事は言うまでも有りません。

錐(きり)彫り・・もっとも古くからある彫り技法、半円形の刃先の小刀を用い、丸い小さな穴を無数に開けてあらゆる文様を作り出します。小紋三役と呼ばれる鮫、通し、行儀といった文様は錐彫りの技法で彫られます。

突彫り・・友禅などやや大柄の文様を彫るのに適しています。細長い三日月型の小刀を使います。傾斜の付いた机の上に地紙を数枚重ねて穴板の上に置き、垂直に突く様にして小刀を彫り進めます。

道具彫り・・小刀の先が花、扇、菱などの形に作られているものを突いて彫り抜く技法。錐彫りとともに小紋用に最もよく用いられます。

縞彫り・・毛髪の様に微細な筋を何百本も彫って極細の縞柄を作る技法。

型紙は一度に数枚重ねて彫られます。出来上がった型紙は一定数染めると劣化して使えなくなるそうです。ゆえに型紙がすべて寿命を迎えた時、その柄は終了となるのですが、その前に製作者な亡くなったとしても、死してなお製作した型紙から作品が生み出されるという事に感動や趣深さを感じると共に、いずれは型紙が役目を終えて消え去ってしまうという有限さに、儚さやノスタルジックな感情が湧き出るのです。

本作品「古代献上菊」に関しても、製作者 中村勇二郎氏はお亡くなりになっていますので、型紙が寿命を迎えると同時に終了してしまい、二度と染める事は出来ません。

出来上がった型紙は染の専門工場が買取り、白生地に染め上げられ反物が出来上がります。









伊勢型 中村勇二郎

伊勢型 中村勇二郎







【伊勢型紙で染める】
板に貼られた白生地に型紙を置き防染糊を引いていきます。型に開いた隙間を通して生地に防染糊が付く事でその部分に色が染まらないようにします。
型紙を順番に送りながら糊を置いて行く作業は、染め上がった際に型紙の継ぎ目が分からないよう寸分の狂いも許されません。この工程が染め上がりの良し悪しに直結してしまう為、正に神業とも言える糊置きの技術が必要なのです。









伊勢型 中村勇二郎





【伊勢型の歴史】
三重県鈴鹿市白子町、寺家町を産地とする伊勢型紙。
応仁の乱によって京都から逃げ延びてきた人々の中に型紙職人がいた事から伊勢型紙の産地となったと伝えられていますが、その歴史は定かではありません。
また、鈴鹿市にある子安観音寺には、今から1200年ほど昔 久大夫という翁が不断桜の落ち葉の虫食い跡がとても面白く、紙を切り抜き模様に仕立てる事を思いついたことが伊勢型紙の発祥という言い伝えも残っています。

その伊勢型紙を江戸を中心とした染屋が購入し、染師らの手によって染め物が生産されていました。江戸時代には武士の礼服である裃の模様として定められるようになり、武士達は競うようにより細かく高度な柄を求め伊勢型の技術が向上し発展して行きます。将軍や大名などは決まった模様が決められ、他のものがその柄を使用できないよう「留柄」「定め柄」とされていました。
その後江戸の町人らにも広がり、奢侈(ししゃ)禁止令(贅沢を禁止し倹約を推奨する命令)が出される中、遠目には地味に見える小さな柄の中に遊び心を取り入れた粋で洒落た柄を求め男女ともに流行していったのです。
その後、伊勢型で染められたものが江戸小紋と呼ばれるようになりました。







伊勢型 中村勇二郎




昭和30年 第1回 人間国宝 国の重要無形文化財技術保持者に、突彫りの南部芳松氏、道具彫りの中村勇二郎氏、錐(きり)彫りの初代 六谷梅軒氏が認定されました。





伊勢型 中村勇二郎





【柄名 古代献上菊】
昭和天皇に献上された型紙を柄が繋がるように彫りなおし、着尺になったお柄です。菊の花弁部分も細密に表現された美しさや和更紗調のデザインが個性豊かな着姿仕上げます。古今の色とも言える他には真似の出来ない深みのあるお色目が大人の上質なお洒落さを演出してくれるのです。






伊勢型 中村勇二郎

伊勢型 中村勇二郎






【古今色の秘密】
防染糊を置いた後、染料を配合した糊(色糊)で地染めをします。しごくように染める事から「しごき染」と呼ばれます。
しごき染め後に糊を落とすと防染糊を置いた部分が白く染め抜かれて柄が浮かび上がります。昔ながらの伊勢型染は、しごき染で完了しますが、染処古今さんにおいては更に草木染料で引き染めを施しその上から化学染料で重ね染する事で白く染め抜かれた部分にも色が付くとともに草木染によって深みのある色に仕上がるのです。
そして、もう一点手間暇を掛けているのが古今の色と評される所以の一つです。
色糊を作る際に使う染料は専門業者から仕入れるのですが、染料をそのまま用いるのではなく、長年の研究と職人の感性によって仕入れた染料に調整を加える事で他にはないオリジナリティ溢れる色に染め上がるのです。


「3度染める」
1、色糊による地染め
2、草木染料で引き染
3、化学染料で引き染

「染料に独自の調整を加える」


これが染処古今が作り上げた他には真似の出来ない色の秘密なのです。






伊勢型 中村勇二郎



伊勢型







裏面は草木染と化学染料で引き染めされた染料が裏に通り、無地になっています。柄部分は色糊でしごき染めされている為、裏に色が通りません。
無地になっていますので単衣仕立てにされた場合もスキっとしたお洒落さが感じられます。



※裏は草木と化学染料の引き染めにより青緑の無地になっています。


伊勢型 中村勇二郎








染め生地は滋賀県長浜市を産地とする高級素材 濱縮緬が用いられており、ドレープ性としっかりとした風合いを併せ持ち、伊勢型染の美しさを余すところなく伝えてくれますのでエレガントな着姿に仕上がります。




伊勢型 中村勇二郎

伊勢型 中村勇二郎

伊勢型 中村勇二郎







彫師と染師の神業が共演して生まれる伊勢型小紋。人間国宝 中村勇二郎氏の型紙で染め上げられた「献上古代菊」高級生地 濱縮緬のしっかりとしたドレープ性と発色の美しさが染の素晴らしさを余すところなく伝えています。
型紙の寿命が尽きる時、もう2度と手にする事は叶いません。
真摯なモノづくりをされる染処古今さんの手によって命が吹き込まれた名品を是非お手元にお迎え下さい。
スポットガーデン 筑摩和之






伊勢型 中村勇二郎






※写真と実物ではモニター環境などによって若干色が違って見えることがございます。


お仕立てに関して詳しくはこちらをご覧ください。
↓↓↓
こちら>>




★ご提案以外の八掛地の色をご依頼される場合は「八掛色NO」記入欄にご希望の色を記入して下さい。メールにて最終確認させて頂きます。

※色はご注文完了後にゆっくりお考えいただいても構いません。(八掛NO記入欄に「注文後決定」と記入して下さい。)
※縮緬向けパレスタイプ(無地またはボカシ)からお好みの色をお選びください。

【八掛地は下の画像をクリックしてお選びください】


八掛色見本

  • 2022.07.03
  • 21:40

伊勢型小紋 南部芳松 千歳の松


こちらはシークレット販売商品です
価格・在庫の有無及びご購入ページに関してはマイページをご参照ください。
マイページへのアクセスには会員登録が必要です。

メーカー希望価格 418,000円
当店価格はマイページをご確認ください。



伊勢型
人間国宝 南部芳松
彫師×染師 神業の競演
作品名 千歳の松




伊勢型 南部芳松

伊勢型 南部芳松

伊勢型 南部芳松







【型紙製作者】南部芳松  人間国宝 突彫り 国の重要無形文化財技術保持者
【染元】染処古今(所在地:京都)
【品質】絹100%:濱縮緬
【生地幅】約38cm(裄丈約71cm 1尺8寸8分まで対応)
【着用時期】10月頃から翌年5月頃(袷の季節)6月 9月(単衣の季節)


彫師の神業とも言える手仕事、染師の研ぎ澄まされた感性が融合する事によって出来上がる伊勢型小紋。
連なる点と線が奏でる旋律の様な型紙の美しさ、染め上がった布が放つ光の粒の様な煌めき。それらは卓越した職人技によって生み出されるのです。
本品は、突彫りの重要無形文化財技術保持者人間国宝 故)南部芳松氏が彫り上げた伊勢型紙を用い、伊勢型専門染工房「染処古今(そめどころここん)」によって染め上げられました。








伊勢型 南部芳松

伊勢型 南部芳松








【伊勢型紙】
楮だけですいた美濃和紙に接着剤として柿渋の液を塗り、数枚貼り合わせたものが地紙(型紙の元)になります。
彫刻刀や小刀のような専用の道具を用いて地紙を彫り柄を作っていきます。
※錐彫り、突彫り、道具彫り、縞彫りなど彫り方によって刃先の形状が異なり、細かな柄になればなるほど卓越した技術が必要である事は言うまでも有りません。

錐(きり)彫り・・もっとも古くからある彫り技法、半円形の刃先の小刀を用い、丸い小さな穴を無数に開けてあらゆる文様を作り出します。小紋三役と呼ばれる鮫、通し、行儀といった文様は錐彫りの技法で彫られます。

突彫り・・友禅などやや大柄の文様を彫るのに適しています。細長い三日月型の小刀を使います。傾斜の付いた机の上に地紙を数枚重ねて穴板の上に置き、垂直に突く様にして小刀を彫り進めます。

道具彫り・・小刀の先が花、扇、菱などの形に作られているものを突いて彫り抜く技法。錐彫りとともに小紋用に最もよく用いられます。

縞彫り・・毛髪の様に微細な筋を何百本も彫って極細の縞柄を作る技法。

型紙は一度に数枚重ねて彫られます。出来上がった型紙は一定数染めると劣化して使えなくなるそうです。ゆえに型紙がすべて寿命を迎えた時、その柄は終了となるのですが、その前に製作者な亡くなったとしても、死してなお製作した型紙から作品が生み出されるという事に感動や趣深さを感じると共に、いずれは型紙が役目を終えて消え去ってしまうという有限さに、儚さやノスタルジックな感情が湧き出るのです。

本作品「千歳の松」に関しても、製作者 南部芳松氏はお亡くなりになっていますので、型紙が寿命を迎えると同時に終了してしまい、二度と染める事は出来ません。

出来上がった型紙は染の専門工場が買取り、白生地に染め上げられ反物が出来上がります。









伊勢型 南部芳松


伊勢型 南部芳松







【伊勢型紙で染める】
板に貼られた白生地に型紙を置き防染糊を引いていきます。型に開いた隙間を通して生地に防染糊が付く事でその部分に色が染まらないようにします。
型紙を順番に送りながら糊を置いて行く作業は、染め上がった際に型紙の継ぎ目が分からないよう寸分の狂いも許されません。この工程が染め上がりの良し悪しに直結してしまう為、正に神業とも言える糊置きの技術が必要なのです。









伊勢型 南部芳松





【伊勢型の歴史】
三重県鈴鹿市白子町、寺家町を産地とする伊勢型紙。
応仁の乱によって京都から逃げ延びてきた人々の中に型紙職人がいた事から伊勢型紙の産地となったと伝えられていますが、その歴史は定かではありません。
また、鈴鹿市にある子安観音寺には、今から1200年ほど昔 久大夫という翁が不断桜の落ち葉の虫食い跡がとても面白く、紙を切り抜き模様に仕立てる事を思いついたことが伊勢型紙の発祥という言い伝えも残っています。

その伊勢型紙を江戸を中心とした染屋が購入し、染師らの手によって染め物が生産されていました。江戸時代には武士の礼服である裃の模様として定められるようになり、武士達は競うようにより細かく高度な柄を求め伊勢型の技術が向上し発展して行きます。将軍や大名などは決まった模様が決められ、他のものがその柄を使用できないよう「留柄」「定め柄」とされていました。
その後江戸の町人らにも広がり、奢侈(ししゃ)禁止令(贅沢を禁止し倹約を推奨する命令)が出される中、遠目には地味に見える小さな柄の中に遊び心を取り入れた粋で洒落た柄を求め男女ともに流行していったのです。
その後、伊勢型で染められたものが江戸小紋と呼ばれるようになりました。







伊勢型 南部芳松




昭和30年 第1回 人間国宝 国の重要無形文化財技術保持者に、突彫りの南部芳松氏、道具彫りの中村勇二郎氏、錐(きり)彫りの初代 六谷梅軒氏が認定されました。





伊勢型 南部芳松





【柄名 千歳の松】
不老不死を象徴する松が、千年後も変わらぬ様子を表現した【千歳の松】全ての枝が繋がっているので、反物そのものが一本の松だと捉える事も出来ます。
松という吉祥文様ですが、非常に小さなお柄ですので仰々し過ぎず粋なお洒落さが感じられ、古今の色とも言える他には真似の出来ない深みのあるお色目がしっとりとした大人らしさを演出してくれるのです。






伊勢型 南部芳松

伊勢型 南部芳松






【古今色の秘密】
防染糊を置いた後、染料を配合した糊(色糊)で地染めをします。しごくように染める事から「しごき染」と呼ばれます。
しごき染め後に糊を落とすと防染糊を置いた部分が白く染め抜かれて柄が浮かび上がります。昔ながらの伊勢型染は、しごき染で完了しますが、染処古今さんにおいては更に草木染料で引き染めを施しその上から化学染料で重ね染する事で白く染め抜かれた部分にも色が付くとともに草木染によって深みのある色に仕上がるのです。
そして、もう一点手間暇を掛けているのが古今の色と評される所以の一つです。
色糊を作る際に使う染料は専門業者から仕入れるのですが、染料をそのまま用いるのではなく、長年の研究と職人の感性によって仕入れた染料に調整を加える事で他にはないオリジナリティ溢れる色に染め上がるのです。


「3度染める」
1、色糊による地染め
2、草木染料で引き染
3、化学染料で引き染

「染料に独自の調整を加える」


これが染処古今が作り上げた他には真似の出来ない色の秘密なのです。






伊勢型 南部芳松



伊勢型







裏面は草木染と化学染料で引き染めされた染料が裏に通り、無地になっています。柄部分は色糊でしごき染めされている為、裏に色が通りません。
無地になっていますので単衣仕立てにされた場合もスキっとしたお洒落さが感じられます。





伊勢型 南部芳松





染め生地は滋賀県長浜市を産地とする高級素材 濱縮緬(重目:930g)が用いられており、ドレープ性としっかりとした風合いを併せ持ち、伊勢型染の美しさを余すところなく伝えてくれますのでエレガントな着姿に仕上がります。




伊勢型 南部芳松

伊勢型 南部芳松

伊勢型 南部芳松







彫師と染師の神業が共演して生まれる伊勢型小紋。人間国宝 南部芳松氏の型紙で染め上げられた「千歳の松」高級生地 濱縮緬のしっかりとしたドレープ性と発色の美しさが染の素晴らしさを余すところなく伝えています。
型紙の寿命が尽きる時、もう2度と手にする事は叶いません。
真摯なモノづくりをされる染処古今さんの手によって命が吹き込まれた名品を是非お手元にお迎え下さい。
スポットガーデン 筑摩和之






伊勢型 南部芳松






※写真と実物ではモニター環境などによって若干色が違って見えることがございます。

お仕立てに関して詳しくはこちらをご覧ください。
↓↓↓
こちら>>




★ご提案以外の八掛地の色をご依頼される場合は「八掛色NO」記入欄にご希望の色を記入して下さい。メールにて最終確認させて頂きます。

※色はご注文完了後にゆっくりお考えいただいても構いません。(八掛NO記入欄に「注文後決定」と記入して下さい。)
※縮緬向けパレスタイプ(無地またはボカシ)からお好みの色をお選びください。

【八掛地は下の画像をクリックしてお選びください】


八掛色見本

  • 2022.07.03
  • 21:40

新規会員登録500P進呈

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入でランクアップ!

商品カテゴリ

品種から探す

着物・帯をテーマから探す

特別企画

その他

実店舗営業カレンダー※予定
  • 今日
  • 休業日
  • 営業時間変更有

●定休日:日曜日
●営業時間:13:00-19:00

★完全予約制です。
★7/1(金)・・16時頃から営業
※一人で運営している為、予告なく外出や臨時休業などございますのでご来店の際には事前にご連絡いただきますようお願い申し上げます。
お問合せはお問い合わせフォーム、メールまたはLINEで受け付けております。
※営業予定は変更の場合がございます。
※事前(前日まで)にご連絡いただきましたら営業時間外や定休日(日曜日)でも可能な限り対応させて頂きます。
※お電話は出られない場合がございます。メールやLINE、お問い合わせフォームからお問合せ下さい。



友だち追加

facebookページ

インスタグラム


地図 アクセス

店主のつぶやき 業界裏話

スポットガーデン店主

店主 筑摩和之(ちくま かずゆき)です。
「誠実」「安心」「信頼」をモットーに、自らが厳選した着物や帯、和装小物を安心価格でご提案しております。
☆呉服業界裏話などつづっていますので上手なお店や商品選びの参考にしていただければ幸いです。
店長日記はこちら >>

特集 ピックアップテーマ


自然布

琉球染織展

となみ織物

博多織

中島敬子 美しいキモノ

工芸染織

全国の染織

美しいキモノ掲載

紗献上八寸名古屋帯

カレンブロッソ

博多織伊達締め

夏帯揚げ

五嶋紐

羽織紐 五嶋紐


シークレット販売

店舗情報 活用術

お仕立てについて

店主のつぶやきバックナンバー

着物・帯コーディネート

その他ページ

シークレット販売(伊勢型)

シークレット販売(型糸目友禅)

QR

ページトップへ