琉球紅型 花織
和装小物よりどりセール
本日最終!緊急!江戸組紐「五嶋紐」4,990円 11/15(金)23時迄の時限値下げ!
五嶋紐4990

全国染織産地

置賜紬(山形県)

【山形県 置賜紬】


置賜紬

山形県 米沢・長井・白鷹一帯は【置賜(おいたま)地方】と称され、草木染・織物の日本有数の産地です。

山形県米沢市にある白子神社は古来より養蚕の神と崇められ和銅5年(712年)に建立されたと伝えられています。
和銅年中のある時、この地の桑林に何処からともなく無数の蚕が現れ、枯れ木に雪が降り積もったかのような光景になったと伝えられています。やがて沢山の繭を作り始め、不思議に思った村人たちがこの地を白蚕村と名付け神社が建立された言い伝えられています。そして社の周辺は【置賜】と呼ばる地名で古くから養蚕の盛んな地域となりました。

時代は過ぎ、慶長6年(1601)上杉景勝が会津から移封された時には領内に真綿・青苧(あおそ)などが産出されていたといわれています。
そして慶長15年(1610)直江山城守兼統が須田善右衛門忠長に命じ、白鷹町に【絹屋】を設けて絹織物が生産されるようになり、京都から縮工を招き紬の製造に成功しました。
その後、1776年に上杉鷹山公が越後から藍師を招き【藍染】も奨励されるようになり本格的に発展していきました。

続く1782年には横麻裃地が作られ1804年~17年には唐糸織、絹縮、横絣などが織り始められました。更に1818年から京都をはじめ、結城、足利、越後から職工を招き、絣織、撚糸、染色などの技術を導入。江戸末期にはほとんど織の技術が確立され、今に受け継がれて昭和51年に【伝統的工芸品】に指定されました。



置賜紬

置賜紬

置賜紬

置賜紬

新規会員登録500P進呈

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入でランクアップ!


 新規会員登録

店主のつぶやき 業界裏話 【季節の帯選びで最近思うこと】

スポットガーデン店主

店主 筑摩和之(ちくま かずゆき)です。
「誠実」「安心」「信頼」をモットーに、自らが厳選した着物や帯、和装小物を安心価格でご提案しております。
☆呉服業界裏話などつづっていますので上手なお店や商品選びの参考にしていただければ幸いです。
店長日記はこちら >>

商品カテゴリ

品種から探す

着物・帯をテーマから探す

特別企画

オリジナルグッズ

格安SALE


サイレントセール

アウトレット

※残り2点
菊之好

実店舗営業カレンダー
  • 今日
  • 休業日
  • 営業時間変更有

基本休業日:毎日曜日

基本営業時間:13:00-1900
11/4(月)17時頃から営業
お問合せは365日24時間メールで受け付けております。
※予定は変更の場合がございます。
※事前にご連絡いただきましたら営業時間外や定休日(日曜日)でも対応させて頂きます。早朝・深夜でもOK

お支払い方法他

カード
楽天ID決済
Yahoo!ウォレット アクセプタンス
マーク
あんしんクレジットカード決済システム

facebookページ
スポットガーデンインスタグラム

友だち追加

地図 アクセス

QR

ページトップへ